新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アドベントカレンダー開催と協力者の紹介!テーマは「ニューノーマルな働き方」

ニューノーマルな働き方 #1

みなさま、ご無沙汰しております。ワークプレイスストラテジストのyuiです。本日から、Tokyo Creators’ Project (TCP)プレゼンツ、アドベントカレンダーイベントが始まります!!(パチパチパチパチ)

“働く”ということに情熱を持つ、各業界のオピニオンリーダーやTCP注目の方々に声をかけ、1日1人、「ニューノーマルな働き方」をテーマに論じていただこう、という企画です。

この企画が始まるにあたり、本日は、Tokyo Creators’ Project 共同創始者として、序文を書くとともに、ご協力いただけるコラボレーターの皆様をご紹介したいと思います。

様々な業界からの参画となり、ものすごく面白いラインナップになっています...!!

開催にあたってのご挨拶

ニューノーマルという言葉は、2020年、新型コロナウイルスという世界的かつ社会的脅威に直面した中で生まれた、従来の普通とは違う、新たな普通、がやってくる、という意味で語られるものだと思います。
従来とは何だったのか、それのどこが、どのように変わるのか、正解が見えない今日、この言葉に振り回され、どのように生きるべきか、生活すべきか、働くべきか、迷いかねることになるのでは、と感じます。
不明のものや確証しないものに立ち向かい、正解がない中で自分の考えや論理を展開し、一歩、前に踏み出すには勇気が必要です。しかし、こういうときこそ、歴史を顧み、将来を想像し、議論し、迷い、ぶつかっていくべきだと思うのです。
私の声だけでは足りず、私たちTokyo Creators' Projectだけの声でも足りない。だからこそ、いつもお世話になっている皆様に声をかけ、今思うところを発してもらおうと、このアドベントカレンダーイベントを企画しました。
嬉しいことに、声をかけた皆様が快諾をしてくれ、多忙な師走の中、記事作成の時間を作っていただきました。その優しさや熱量に感謝するとともに、分からないものへ立ち向かっていく同志のように、僭越ながら、感じた次第であります。
これから始まる25日間の記事では多様な観点から「ニューノーマルな働き方」が語られ、目から鱗が落ちる感覚に出会えるのではと思います。苦難や変化の2020年の年末に、新たな年に向けて、インスピレーションや活力を与える、そんなイベントになると確信し、今日この日をわくわくと迎えました。

寄稿者ラインナップ

Tokyo Creators' Projectが自信をもってお届けする25日間のラインナップは、下記よりご確認ください。
まだ未定の枠もありますが、これからアップデートしていきますので、みなさま要チェックでお願いします!!

画像1

画像2

画像3

#ニューノーマルな働き方2020 #ニューノーマルな働き方 #ニューノーマル #働き方 #アドベントカレンダー







12
ワークプレイスを軸に、様々な専門領域を持つクリエイターたちのシナジーによって、既成概念を超えたソリューションの提供を目指す。働き方や働く環境に関するご相談・お問い合わせはこちら:info@tcproject.co