自分のスペースを街の中で見つける - 進化する分散型ワークスタイル
見出し画像

自分のスペースを街の中で見つける - 進化する分散型ワークスタイル

(Disclaimer:Tokyo Creators' Projectの事業パートナーとなっていただいております、espoatelier社のAdam Esposito(アダム)によるゲスト投稿です。ロンドンと東京でインテリアデザイナーとして独立し、東京をメインとして働いているアダムが、東京のような多様性に富んだ都市でのオフィス外も含めたABWの工夫、ぜひご覧ください)

画像1

Adam Esposito

espoatelier.com

アダムと申します。 私は13年間、ロンドンと東京にある世界最大級のデザイン事務所で、グローバルなクライアントとグローバルな仲間と一緒に仕事をしてきました。この激動の一年の中で、このアドベントカレンダーイベントに参加することで、日本と世界の現状と、将来に向けて、自分自身の最近の変化を振り返ってみました。ぜひご覧ください。

画像3

世界中のワークスプレイスは、どんどんとリモートアプローチを取り入れ、空間的にも時間的にも柔軟さを提供し、従業員にはワークライフバランスの向上を促してきたと思います。

日本では他の国に比べて、いささか進歩が遅れているように見受けられましたが、海外の先見の明のある企業に触発されるなど、企業は慎重に実験を重ねたうえで、自分たちや自分たちの会社に合う文化的なスイートスポットを手に入れようとし、多くのクライアントのオフィスが変わってきました。

席が重要だった私に起こったこと

劇的にリモートワークに移行するという選択肢は、ワークプレイスを作る側の私たちにさえ、ことのほか難易度が高い問題であったことに気づきました。デザイナーである私たちは、このような働き方を日常的に経験したことがありませんでした。オフィスにおいても席が必要である私たちの仕事はチーム間のつながりが非常に強く、アイデアやコンセプト、戦略を練り上げるためには、直接会って話し合うことが重要であったのです。

また、他人とあって話さないと成り立たない私の仕事ですが、ちょうどこのパンデミックがもたらす変化を体験する前に、私は独立してしまいました。 新しい冒険やプロジェクトに挑戦したいと思い、これまでのキャリアのほとんどの期間を家で過ごしてきた会社を辞めたのです。 東京ではすぐにTonariというスタートアップ企業でも働き始めました。 それに伴い、ビジネスの成長と変化に合わせてスペースをリノベーションしたいと考えているグローバルなクライアントとのプロジェクトにも携わり始めました。

この変化に伴い、私は2つの職場環境を経験したことになります。 1つは、従業員が8人しかいない小規模で親密な環境のTonariです。よりリラックスしたオープンでフレキシブルなスペースで働くこと、もう1つは、自宅や街中のインスピレーションの源となる場所からリモートで仕事をすることでした。

これらの経験や他の人と話す中で、私たちがどのようにして働き方を改善するか、自分たちの環境で何が重要なのか、そして将来のスペースで何を目指すべきなのか、ということをよりよく理解することができたのではないかと思っています。

より良い仕事をするために

働き方を良くするというのは、非常に個人的なものだと感じています。

オフィスデザインにおいて、ABWが従業員に働く場所の選択肢を与えるように、個人としてどこで働くか、どの街で働くかも選択できるとしたら何があるでしょうか。

 ペットと一緒に家にいて快適な環境で過ごしたいと思うかもしれないし、自分を鼓舞するような空間にいたいと思うかもしれないですね。

画像2

社会につながっているワークプレイス

私の場合、一番好きだったのは、リラックスしながらも同時に人に囲まれた居心地の良い空間でした。 ほかの方々とのインタラクションは、孤立した感じではなく、社会的につながっていると感じれるため、私には重要なファクターであったとようやく理解できたのです。 もちろんこれは個人的な感覚でもありますが、会話の多い賑やかなオフィスから独立しているという変化からも感じられました。

そこは、Tonariが同じようにオープンに設定されていることは非常に功を奏したと思います。 プロジェクトや進捗状況、社交上のことなど、顔を合わせて話し合うのが一番大事な時は、みんなで集まって話し合っています。 しかし、自分たちの仕事に集中しているときは、場所に縛られることなく、自分たちの居心地の良い場所(オフィスの場所に限らず)に分散しています。 このような相互理解によって、自分のやっていることと相性の良い生産性の流れを見つけることができ、仕事に対する信頼感と責任感が生まれているのではないかと思っています。

東京では、働く環境を試して、試して、試すこと

自分が働く環境を試してみることで、様々なタスクに取り組む際に最適な空間を見つけることができると思います。自分の経験から学ぶための時間と注意力を向けることが重要なのではないかと思います。 特に東京のような多様性に富んだ都市では、手の届く範囲に無数のスペースがあるので、自分のペースを変えて一週間を元気に過ごすためにも、生産性を高めたり、冷静に考えることができる場所を見つけることが大切と思います。

「集中できる時間を失わないこと」にこだわる

前の会社にいたときは、オフィスにいることがとても重要で、同僚や資料、リソースなど、自分の仕事を支援するために必要なものにすぐにアクセスできるようにしていました。 また、私がチームを支援し、指示を出し、プロジェクトの作業を進めるためには、自分が利用可能であることが最も重要でした。 しかし、私が気付いたことは、私が制作している仕事に集中する時間がほとんどないということでした。このような環境は、時には避けられないこともあります。

自分の会社を経営すると、自分のニーズが薄れ、自分の仕事の仕方に気付き、機敏になります。 私は会社での仕事の仕方に慣れていて、自分のやり方に固執していましたが、それを変えることで、自分が何を使っているのか、どのようにタスクにアプローチしているのか、そして自分の一週間をどのように過ごすのか、ということに疑問を持つようになったのです。

私はどちらかというと「夜更かし」派で、午後や夕方の方が生産性が高い傾向にあります。 デザイナーであることと、遅い時間まで仕事をしていることが原因かもしれないし、睡眠が大好きだからかもしれないです。しかし、このことを知っていると、他人の期待通りに仕事をすることに無理をしないで、一日の特定の時間帯に自分にとって重要なことにもっと集中できるようになるということなんです。

画像4

未来の空間

今、デザインの世界で誰もが疑問に思っていることは、将来のオフィススペース、将来の公共スペース、そして家というような全部のスペースをどのように使うかということです。 パンデミックの影響に対応し、適切な環境とサポートがあれば、リモートワークでも十分に仕事ができるということに気付いたとき、これらはすべて宙に浮いた状態になっていると思いました。

tonariでは、製品を開発する際に必要なときに安全に会えるように、チームが予防措置を講じていることを確認するために、安全性の「泡」を作りました。 その中で最も重要なことの一つは、「密」はダメである中、どのように「密」のひとつともいえる親密を実現するかだと思いました。

私たちのチームは葉山と東京の両方で仕事をすることができるので、家族との時間が増え、移動の必要性が減りましたが、私たち全員が毎日顔を合わせて会話をしたり、交流したりすることができています。

このような分散型オフィスは、すべての企業にとって非常に重要な意味を持つのではないかと思います。私たちがより分散した生活スタイルに移行していく中で、個人や家族は、仕事の場所にこだわるのではなく、自分のニーズに合ったコミュニティに家を持つことを求めるようになると思えるからです。

このような分散化が起こると、提供されるスペースはユーザーや場所に応じて変化し、進化していきますが、日々の交流を可能にし、私たちが切望する親密さを維持するためには、私たちの間のコネクティビティが不可欠になります。それは日々の交流を可能にし、親密さを維持したまま生き続けることを可能にしているのです。



ワークプレイスを軸に、様々な専門領域を持つクリエイターたちのシナジーによって、既成概念を超えたソリューションの提供を目指す。働き方や働く環境に関するご相談・お問い合わせはこちら:info@tcproject.co