成果をあげるリモートワークへ。働き方をアップデートする3つのステージ。 林 宏昌
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

成果をあげるリモートワークへ。働き方をアップデートする3つのステージ。 林 宏昌

おはようございます!

本日は、株式会社ベーシックCOO兼CHRO、リデザインワーク株式会社代表の林宏昌さん(@hiromasa_h)のゲスト投稿です。

日本企業の働き方改革やDX推進を支援する、という意味でTokyo Creators’ Projectの良きアドバイザー兼コラボレーターとなっていただいております。
今年は一緒にお仕事する機会に恵まれ、コロナ禍における企業の働き方改革推進について、様々な意見交換をさせていただいました!

リモートワークは、働き方の多様性を受け止める制度や手法として、企業から活用されていますが、「成果をあげる」という観点では、まだ課題や挑戦を感じている企業が多いようです。成果をあげるリモートワークへ移行するために、そのフレームワークをご紹介する記事を投稿いただきました。

林さんもご自身のnoteアカウントをお持ちでしたので、そちらに投稿いただき、リンクを貼る形で、アドベントカレンダーにご参加いただきました。

林さん、ご協力ありがとうございました!


ワークプレイスを軸に、様々な専門領域を持つクリエイターたちのシナジーによって、既成概念を超えたソリューションの提供を目指す。働き方や働く環境に関するご相談・お問い合わせはこちら:info@tcproject.co